プロアクティブ【ベーシックセット(薬用)】
プロアクティブの30日セット登場!

市販のニキビ薬の使い方

市販のニキビ薬の良いところはドラッグストアなどで簡単に手に入るところですね。
ただ、一週間使ってみて改善されない場合や悪化した場合はすぐに薬の使用を中止しましょう。

 

また、テラ・コートリルのようなステロイド系の薬は短期間で狭い範囲での使用なら問題ないのですが、長期使用するとなると逆に肌トラブルが起こりやすくなります。なので、薬を使う際はステロイドなどの抗生物質が含まれてるか、などもチェックする必要がありますね。

また、わざわざドラッグストアに行かなくてもオロナインなど、どの家庭でもある薬が意外と使えるのでオススメです。まぁ、オロナインは油性が高いのでニキビダニが過剰繁殖してる場合や、思春期ニキビなどの場合は使用しないほうが良いのですが・・・。

 

市販のものは基本的に塗り薬が多く、皮膚科で処方されるような抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤のように幅広く対応していません。
なので、症状が酷い場合などは市販のものを使うより先に皮膚科などで薬を処方して貰い、そちらを優先的に使ったほうが早く改善できるかと。

 

市販のものは症状が落ち着いてから、たまにできるものに対してのみ使う。
と言った具合に使い分けていくのが一番良いですね。

 

人気のあるニキビ薬ランキング

市販の塗り薬の中でランキング上位に常にある人気商品が以下の通り。


 

テラ・コートリル

ステロイドが混ざってる薬で、抗炎症作用があります。
また、抗菌作用が高いためアクネ菌や背中ニキビの原因になるマラセチア菌などに有効。

全身に使える塗り薬だと言えます。
ただし、長期的な使用は避けましょう。

 

ペアアクネクリームW

アクネ菌を殺菌、炎症を抑える作用があります。
また、ベタつかない使用感なども良いですね!

塗ったら透明になることから、薬の上にメイクもできるので外出時にも使いやすいかと

 

クレアラシル

アクネ菌を殺菌、抗炎症作用の他に、肌のターンオーバーを促す成分もあります。
なので、ニキビ跡に対しても期待できる塗り薬ですね。


 

ドラッグストアで売ってる市販の薬を買うなら
このいずれかが良いかと思います。

さらに、症状を抑えたい場合は飲み薬も試してみると良いかと思いますよ。

 

皮膚科で処方されるニキビ薬

皮膚科で処方される薬には抗生物質、ホルモン剤、ビタミン剤などが含まれてるので、ニキビに対してとても高い効果が期待できます。しかし、その反面ステロイドが含まれてる薬も多いです。

このステロイドという成分は短期的に使うのであれば問題ないのですが、長期的に使用すると副作用が発生する可能性があります。主に、以下のような副作用の症状があげられます。



・毛が濃くなる
・毛細血管の拡張、皮膚が薄くなる
・かぶれや赤くなる
・細菌、ウィルスに対する抵抗力の低下



これにより、短期的には効果が高くても長期使用で抵抗力の低下&細菌やウィルスが耐性を持ち、効果が薄くなるというデメリットもあるわけです。なので、皮膚科で処方される薬を使うのなら短期的に治すことを心がけましょう。

短期間なら薬の高い効果も期待できるし、薬代の出費も少なくて済みますしね!

​後は薬に頼るのではなく、日々のスキンケアによる根本的な解決を目指し、薬はあくまで補助的要員と思っておいたほうが良いかと思いますよ。

 

 

SEO対策テンプレート

プロフィール

サイトを管理してるカナです!・w・



昔、ニキビに悩まされてたので、スキンケアなどが無駄に詳しくなった感じですね笑

ちなみに好きなことは映画とかアニメを見るのが好きです!

コスプレとかにもちょっと興味があったり^^

プロアクティブ【ベーシックセット(薬用)】
© 2019 ニキビ rss